横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO EF10 24号機(関門タイプ)入線です。ホビセン 3077-9

どうも~(^^)/
ついにホビーセンターカトー(KATO)のEF10-24号機 関門タイプが入線いたしました\(^o^)/
茶色の方は3次形のEF10です。
これで20系初期編成が東京から博多、長崎・佐世保、西鹿児島まで運行ができるようになりました。
1961年の交流電化までけん引したそうですから、20系のグレー床下の初期車や、ちょうどこのころに床下が黒に塗替えが始まった20系も引けそうです。
この年にEF30にバトンタッチしていたのですね。
EF30の入線記録はコチラ↓↓↓

タイプでも出してくれるだけありがたやーm(_ _)m

模型データ

KATO 3077-9 EF10 24号機 関門タイプ
KATO 3077-9 EF10 24号機 関門タイプ

KATO Nゲージ 3077-9 EF10 24 関門タイプ
LotNo,3710159 製造年2017 価格8000円

ユーザー取付パーツ

KATO 3077-9 EF10 24号機 関門タイプ ユーザー取付パーツ
KATO 3077-9 EF10 24号機 関門タイプ ユーザー取付パーツ

ナンバープレート(21,22,23,24)、ナックルカプラー2個、ヘッドマーク(あさかぜ、かもめ)

シルバーの塗装でステンレスを表現していますが、テカリ具合とか素晴らしい出来です。
どうせ限定品なら穴あきスポーク車輪を付けて欲しかったなぁ

上から見てみましょう。わかりにくいですがライトグレーで塗装してあります。

下側からです。見慣れた床下ですね。KATO機って感じです。

サイドのメーカーズプレートです。腕前が悪いのでぼやけていますが、実際にはキレイに印刷されています

基本整備

常点灯化にします。もれなく逆エンド側チラつきオプションが無料で付きますΣ(゚Д゚)
LEDは電球色です。コンデンサーカットだけ行います。

次は車輪交換です。
点灯確認です。
止まってても逆エンドのLEDが点灯するときもあるのですが何故でしょう?

どうせならスポーク先輪に交換してあげます。

横から丸見えなので交換しがいがあるってもんです。
スケスケです

ちょっと話はそれますが
EF10の台車です。3軸駆動です。
この台車はスムーズに動くのにDE10の台車はぎこちないですよね。

こちらDE10の3軸台車です。
またまたばらしました。集電金具を取ると以外にもスムーズなんですよね。
今回は思い切って集電金具の軸の部分のところを広げました!(lll゚Д゚)ヒィィィィ
通電しなくなったら違う方法でやればいいや~くらいです。結果通電はしますし動作も軽くなりました。
DE10問題はまだまだ続きます。

いつもの撮影場所で

カプラー交換にはナックルカプラーのショートシャンク化したものを取付、そして今回もめずらしくブレーキホースを取り付けました。
今回はヘッドライトレンズは交換しません。
次回弄ろうと思います。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END