横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO EF81-95 レインボー塗装を弄る 3066-7

どうも~(^^)/
本日はKATOのE001系 四季島の発売日ですね。みなさんもう買われましたか~
我が家には23日頃の配備予定です。
そして本日の獲物はこちら↓↓↓
KATO 3066-7 ef8195カシオペアクルーズのセットに同梱されているEF81 95号機です。
単品販売されないのが悔やまれます。

それでは弄ってみます

整備という名の加工を

まずはバラしました(‘ω’)ノ
モーターの調整を行っておきます。

次に常点灯化と逆起電流対策にする為に、コンデンサーを交換します。

TOMIXの白箱 PZ-001 EF63用のブレーキホースを先に色差ししておきます。
ミッチャクロンマルチ → つや消し黒と白を色差ししておきます

ホースを乾かしている間にパンタグラフも

はい、今回も全塗装しませんでした(;^_^A
気が向いたら全塗装してみます。碍子の部分だけ塩害による短絡防止の絶縁グリースをストーングリーンで塗って再現しました

色々と乾かしている間に、スカートを整備します。ホース類を取付けるために0.5mmで穴あけをします。
0.5mmではきついので、若干広げます。0.6mmではスカスカなんで、その場合はボンドGクリヤーなどで接着します。

追加配線を行って、色差しを行いました

屋根上をちょっこり整備でもします。

はいできました。間違い探しみたいな画像になってしまいました(;^_^A
信号炎管にシルバーで色差し、列車無線アンテナを塗り塗り。
そして線のところをグレーにしました。最近は銅色ではなくグレーですね。退色すると銅色っぽくなってきているように見えます。
ここは好みがあるでしょうから

最後に、入魂です。
ナンバープレートはフロント用とサイドようがあるので間違わないように取付けて、日立のプレートを入れて終了です。

いつもの撮影場所で

本日のイジイジはここまでです。チェリーレッドがにEF81のデカ文字が当時斬新でした。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

Return Top