横濱模型

Nゲージインフォメーション

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日の入線はこちら↓↓↓
EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2KATO京都駅店から発売されました「EF15 184号機 高崎第二機関区スノープロウ装備」になります。
KATO品番3062-2 最終形をベースに改造された特製品です。

それでは中身を見てみます

模型データ

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2KATO Nゲージ KKB00265 EF15 184号機 高崎第二機関区スノープロウ装備
LotNo,4111111 003-1695 製造年2021年 価格14,300円

単品ケース入り(ペーパーインサートは専用デザイン)

本体の他に付属品
付属品はナックルカプラーのみとなっています。

選択式ナンバープレートは「184」が取付済み
メーカーズプレートは「三菱」が印刷済みです。

サイドビュー(^^♪

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2
KATO京都駅店特製品 EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)  公式側
EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2
KATO京都駅店特製品 EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)

・区名札入れに「高二」が印刷済。
・「EF15 184」の選択式ナンバープレート取付済み。
​・​前面窓デフロスタを淡緑色で表現。
​・窓のHゴムは黒色で表現。
・屋根上にはホイッスルカバー
・スノープロウ標準装備。
フライホイール付きモーター搭載
・黒染め車輪が標準装備

標記は・・・

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2標記はキレイに印刷されていました。
区名札には「高二」がドンピシャに入っています。パンタ下の三角マークも印刷されています(デフォルト)。いいですね~♪

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2スリーダイヤマークを用いた製造メーカーもキレイに印刷されています。
Hゴムは黒色の仕様となっています。
EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2KATOから発売されているのはHゴムはグレー色となります。

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-22エンド側の表記は・・・
もちろんキレイに印刷されています。

前面ビュー(^^♪

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2デフロスタありの前面ガラス、スノープロウありの姿です。
ヘッドライトには電球色LEDが採用されています。

 

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2デフロスタは窓ガラスパーツに淡緑色で裏から印刷されているようです。
パーツではありませんでした。

いつもの撮影場所で

EF15 184 高崎第二機関区(スノープロウ装備)が入線しました。KATO KKB00265 KATO京都駅店特製品 最終形改 3062-2ちょっとお高めですが、メーカークオリティ?な出来栄えには満足です。
あとの味付けはこの後ですね。カプラー交換に色さしくらいでしょうかね?

デフロスタは通販で買えそうですね。
トレジャータウン TTP266-01 ワイパー 国鉄汎用(トレジャータウンに××)
トレジャータウン TTP266-03 ワイパー(国鉄・小)(トレジャータウンに××)
銀河モデル N-042BK デフロスター 一般 黒(モデルスイモンに××)

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top 横濱模型