横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF65 536号機 関水金属保存機が入線しました。KATO 3060-9

どうも~(^^)/ 横濱模型です
本日はこちら↓↓↓
関水金属鶴ヶ島工場にカットモデルで保存されている536号機がプロトタイプ。1968年7月に78号機から改造され536号機となってます。

側面にJRマークがなく、ランボードが黒色(ブラック)、黒Hゴムとなってます。

鉄道模型コンテスト(鉄コン)2020東京大会オンライン開催記念品となってます。
応援も兼ねて今回は購入となりました。

それでは中身を見てみます

模型データ

KATO 3060-9 EF65 536 関水金属保存機 鉄コン 鉄道模型コンテスト2020

KATO 3060-9 EF65 536 関水金属保存機
LotNo,4081101 003-3163 製造年2020 発売日11月28日 定価7273円

本体の他に付属品あり
付属品には
説明書(インサートシートに印刷)
交換用ナックルカプラー
ヘッドマーク2種(KATO)

インサートシートはこんな感じです。

説明書です。最小通貨半径R249、標準通過勾配が4%となってます。

付属品のヘッドマークは1965年から使われてますKATOマークのヘッドマークと、1987年からのKATOブランドマークの2種類のオリジナルヘッドマークが付属されてます。

サイドビュー(^^♪

KATO 3060-9 EF65 536 関水金属保存機 公式側
KATO 3060-9 EF65 536 関水金属保存機 非公式側

青色とクリーム色で構成された、特急色に側面にJRマークがありませんがほぼ晩年の仕様でしょうか。

標記も見てみる

1エンド側の標記は換算9.5とSのみですね。
保存機もクリームの帯が今回も歪んでますね~ もうこれは仕様なんでしょうね

2エンド側、全検表記は「13-5 埼玉工」の文字まで見えます。
こちら側の帯も歪みや大きさが不均等仕上げとなってます。しかし不自然な曲がり方ですよね。あえてこういう曲げにしているとしか思えないのですが、実際のところどうなんでしょうか。

メーカーズプレートは「東洋電機/汽車会社」が印刷済となってます。メーカーで印刷済みだとホント美しい仕上がりです。

2エンド助手側の標記はこんな感じです。

屋根上

屋根上は塗装塗り分けがされています。避雷器はLA17ですね。
こちらは1エンド側です。パンタ台下部は灰色で表現。ランボードは黒色で塗装。
皆さんがピ~ンと飛ばしたり折ってしまうホイッスルは取り付け済みです。
そのためready to run on the rail.ってところでしょう。

こちらは2エンド側。
PS17パンタグラフにパンタ台下部はこちらも灰色で塗装範囲が異なります。

前面

信号炎管は青色のが取付済み。カットモデル保存機と同じく列車無線アンテナも取り付け済みです。

動力は

ヘッドライトは電球色LED採用となります。
走行は3極モーターながら低速からスムーズに走り出します!

いつもの撮影場所で

536号機、皆さんはどんな車両を牽引させるのでしょうか?

いや、コレクターアイテムとして保存ですね(;^_^A

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 帯は「タンポ印刷」で入れます。これは孔版印刷の一種で、帯をシリコンゴム等に版から
    転写し、再度車体に転写します。このとき、車体に段差の大きい凹凸部があると転写時に
    ゴムが歪んで変形してしまいます。このため、雨樋のそばや、ステップなどの近傍は帯がまっすぐに転写されない、印刷が行き渡らない現象が起きます。
    これを避けるため、凸部の高さを低くしたり、大きな凹みを浅くしたりして対応することも
    過去はありましたが、実感を損ねるため最近はしていないようです。

    → 昔、TOMIXの西武5000系の車体下部の赤帯がドアのステップ部分で印刷が
      行き渡らないため、帯の部分だけモールドが浅かった例があります。

    量産品なのであきらめるか、自分で修正するか、塗装し直すかしなければならないと思います。

    • Burgmanさん、コメントありがとうございます。
      タンポ印刷はわかります。何度かこのブログ内でも(;^_^A 
      曲がるのをわかっていてのあえて印刷パターンのデーター上で帯を真っ直ぐのままなのか、真っ直ぐに見えるようにデーターを修正したけど上手くいかなくてなのか。
      20年前のEF65の方が帯が真っ直ぐですので技術的にどうなのかなぁと思った次第です。
      前面から側面までは樹脂製マスクを使ってマスキングしスプレーガンで塗装ですので、雨どいまでの帯は塗装しちゃっても良いのではなどなどと。
      塗装がきれいなKATOではメーカーとしてどう思っているんだろうとか・・・

      製品によっては樹脂製マスクを使ってマスキングし帯を塗装しているものもあるようです。
      またこの辺の細かい説明がKATO Nゲージ生誕50周年記念誌に書かれていますね。

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END