横濱模型

Nゲージインフォメーション

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049いつ見てもカッコいいですね~(^^♪ 少し大きめのKATOのEF58になります。

入線記はこちら↓↓↓

台車周りの加工に、ナンバー取付、窓交換を行います

整備という名の加工を

それでは弄ってみます

朗堂のナンバープレート

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049いつもお世話になってます、朗堂さんのEF58用ナンバープレートパーツになります。
・M-204 EF58ナンバー青 500円
このM-204は「41」「57」「58」「63」「100」が入っていますので、サクッと交換しちゃいます。
本当はパテ埋めしてインレタなんでしょうけど、面倒なので(;^_^A

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049サイドのナンバーは隙間なくピッタシです。

前面のガラスを交換

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049Hゴムの前面窓は好きなのですが、100号機は小窓なので以前に何かから取外した窓ガラスパーツをそのまま使います。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049上から見るとちょっと乱反射してますが、このまま使ってみます。
気になったらガンダムマーカーのブラックでフチをヌリヌリしちゃいましょう

先台車加工

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049古い製品はナックルカプラーが未対応なんです。かもめナックルカプラーを差込んでそれらしくはできますが、下向きになってしまったり、自然開放してしまったり、カプラーの位置が少し下なんです。
そこでAssyパーツを使ってナックルカプラー対応にします。
・KATo 純正パーツ 3049-1D3 Ef58 150 宮原運転所先台車 Assy 1000円
こちらを使います。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049一応連結確認や高さ確認はしておきます。
ボディーから握り棒まで離れてしまってますね。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049先台車をばらすとこんな感じになります。
車輪はスポークの物になってますね(;^_^A

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049土台?の部分の上の部分をハイパーカットソーで切り落としてます。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049上の画像のように3か所切り落としておきます

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049カバー?フタ?このパーツを取り付けると動いてしまうので、0.5mmの真鍮線を差込んで動かないようにします。目立たないところにアンカーセットすればいいでしょうね。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049ステップ部分のパーツは車輪の車軸と当たってしまうので、大き目の□の部分を削ります。後は小さい□の部分を現物合わせで削っていけば取付くはずです。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049上側の先台車が元々付いていたものにナックルカプラー用のピンを差込んで加工したものです。
下が今回加工した先台車になります。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049加工した台車を組み込んで連結と高さ確認です。
握り棒の位置がセットバックされ、カプラーの高さも良い具合になりました。

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049奥は未加工の台車をそのまま交換したEF58に、手前が台車を加工したEF58です。
握り棒がだいぶボディーに寄ったのですが、実車にはまだまだ及ばずです。
もうちょっと考えないとなりませんね。
EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049カプラーの首(腕)の長さは次回にでも短くしてみます。

いつもの撮影場所で

EF58 後期形小窓Hゴムを弄る。その1 100号機 KATO 3049これで「銀河」を引けるようにはなりました。銀河といっても20系の方です(;^_^A
もうちょっと雰囲気を出したいので、続きます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top 横濱模型