横濱模型

Nゲージインフォメーション

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日はこちら↓↓↓

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

KATOから再生産されていますEF58 150号機宮原機関区ブルーになります。
それ持ってるだろ~という天の声が聞こえますが、はい持ってます(;^_^A
先に入線しているのは2012年製で今回のが2021年製です。KATO謹製EF58としては仕上がっている商品だと思います。

~~東海道・山陽本線でブルートレインや郵便・荷物列車を牽引した昭和50年代、国鉄時代、宮原機関区所属時代のブルー姿をプロトタイプにした製品化 出典:KATO~~

それでは中身を見てみます。

模型データ

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

KATO Nゲージ 3049-2 EF58 150 宮原機関区 ブルー
LotNo,3911207 003-2323 製造年2021年(6月24日発売) 価格7,150円

本体の他に付属品あり

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2
付属品は
ホイッスル
にぎり棒
信号炎管

サイドビュー(^^♪

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2
KATO 3049-2 EF58 150号機 宮原機関区 ブルー 公式側
EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2
KATO 3049-2 EF58 150号機 宮原機関区 ブルー 非公式側

GM-5モーターフライホイール付き(5極モーター)
車輪は前輪黒染め車輪標準装備
ナンバーはモールドでメッキ仕上げ
側面にはヨロイ戸エアフィルターが表現されています。

標記関係は・・・

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

いつもの意地悪な拡大画像です(;^_^A
1エンド側(2位)
塗装も標記もとても良い感じです。

 

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

メッキ仕上げのナンバーにメーカーズプレートは東芝が印刷済みです。
特別感があります。

 

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

2エンド側標記もキレイに印刷されていると思います。
クリームと青の塗分けは2エンド側のみぼや~っとしちゃってます。

66ナックルカプラー対応になってから先台車が長いですよね。端梁がボディーから離れているんですよね。ここはあのパーツを使うしかないでしょう。

屋根上

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

この時代の物は屋根上のモニター窓にガラスパーツが入っていません。
ここのパーツを作れませんかね。3Dプリンタとかでも。

 

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

PS15パンタグラフ。品番は3049-2Fとなります。ホーンがパイプの2本となります。

ボディーを外すと

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

動力ユニットは見慣れたものですが、ライトユニットが変わってます。LEDはサイドビュータイプのチップLED電球色、コンデンサーは極小のがついています。

 

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

こちらは2012年製のEF58 150に搭載されていたライトユニットです。
LEDの色味が違ったかもしれません。

いつもの撮影場所で

EF58 150号機 宮原機関区 ブルー(2021)が入線しました。KATO 3049-2

しかしいつ見てもカッコいいですね~(^^♪

弄るところはいつものお決まりコースです。
イジイジできる時間があればです。

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. KATOの58、ロングセラー製品で出来は良いのですが・・・。ぼちぼちフルリニューアルしてもよろしいのでは・・・と思います。そうしたら、バリ展製品全て購入させていただきます。

    • 東濃鉄道さん、コメントありがとうございます。
      20数年のロングセラー商品ですね。金型トラブルからの作り直しだったでしょうから、まだまだ稼いでもらわないとならないでしょうね。

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top 横濱模型