横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF200 登場時塗装を弄る。その2 EF200-1「神戸からありがとう」ラッピング KATO 3036-2

どうも~横濱模型です(^^♪
本日はこちら↓↓↓
新品番(3036-2)のEF200と変わらない形になりました、旧品番(3018)のEF200です(;^_^A
もはや台車しか面影がない、ちょっと勿体ないアップグレード車です。

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

それでは手を動かして弄ってみます♪

整備という名の加工を

はるか昔にペアーハンズさんから買い込んだEF200の「神戸からありがとう」ラッピングのデカールです。
もっと良いのが他から出ているかもしれませんが、勿体ないのでこれを使い切ります。
この他にEF81用も用意されていました。700円です。

使わないナンバーで側面の穴をそれらしくします。
使わないナンバーの表面を削ってからボディーに取り付けです。
それから、クリヤー塗装で保護をしますので今のうちに取り外せるパーツはすべて取り外しておきます。

デカール貼り付け

そしてラッピングデカールを切り出して

右と袖に合わせて「神戸からありがとう」ラッピングデカールを貼り付けます。
軟化剤(Mr.マークソフター)を使ってます。下手くそな筆者でもけっこういい感じに貼れたと思います(;^_^A
ナンバーはデカールになってますので、そのまま使っちゃいます。

よくわかりませんが、半光沢仕上げいたしました。

前面のナンバーも

旧品番に入っているEF200-1のナンバーです。
これになんちゃって調色した色を塗ってみたのですが・・・(T_T)

常点灯対応

ライトユニットに元々ついていたコンデンサーは取り外して、付け替えます。

コンデンサーを付け替えました。
これで常点灯は出来たと思います。後ほど

ユーザー取り付けパーツ

ユーザー取り付けパーツの信号炎管、列車無線アンテナ、ホイッスル、そしてGPSアンテナを取り付けます

ラッピング時代にはGPSアンテナが付いていました。

スカート加工

スカート加工って言っても、ホースを取り付けるだけです。

・・・途中の写真が・・・撮り忘れてました (;^_^A
銀河モデルの高級エアーホースに、右端のコック部分はTOMIXのPZ-001 EF63用ブレーキホースを取り付けました。
久々に加工した感じで、あれもこれも忘れているような気がします

いつもの撮影場所で

とりあえず、走れるまでにはなりました。一応手すりも塗装してみたのですが、筆者の目がダメダメで調色できてませんね Σ(゚Д゚)
常点灯化はできているみたいです。電球色で良いですね~

サイドビュー(^^♪

EF200-1 神戸からありがとう ラッピング 1位側 KATO 3018改
EF200-1 神戸からありがとう ラッピング 2位側 KATO 3018改

もうちょっと手を加えたいので、

次回に続く

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END