横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF200 登場時を弄る。その1 EF200-901に KATO 3036-2

どうも~横濱模型です。(*´з`)
本日はこちら↓↓↓
EF200-901に似せるための3D出力パーツになります。
登場時と量産化改造後の2種類があります。どちらにするか迷いましたがやはり登場時でしょうかね。引退後も登場時を彷彿させる姿になりましたし。

それでは弄ってみます

整備という名の加工を

901号機化キットはDMM.MAKEで購入できます。
新湘南電車道 URL:http://syodendo.blog.fc2.com/blog-entry-181.html
登場時ははパンタグラフカバー?が付いています。

こちらは裏面です。何かパーツが付いていますね。

EF200-901ドアパーツとナンバープレートです。
ナンバープレートは前面用と、側面用が2両分入ってます。

お風呂(洗浄)

少量の中性洗剤とお湯でキレイキレイします。サポート材やゴミが取れるかも

乾かしてから今度はサーフェーサーを吹くのですが

いつものことながら写真撮り忘れですね(;^_^A
屋根板全体にシルバーを脇に似せて調色した青色を塗ってみたのですが・・・
全然色が合わないです。(;´д`)トホホ

塗装してみる

ドアの方はからし色っぽい感じでしたのでEF200の製品と近い感じの色に。

製品のものと並べてみました。ちょっと黄色すぎましたかね。

901のドアを無加工で取り付けてみました。さすが3D出力パーツです。

屋根板は再度調色して塗装しました。残念なことに筆塗です(;^_^A

乾くまで待ちます。
次回に続く

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top