横濱模型

Nゲージインフォメーション

北総9000形9018編成を弄る。その1走行化 鉄道コレクション 283157 283164 #tomytec

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック鉄道コレクションの北総9000形9018編成になります。
入線記でもぼやきましたが、やはり京急車両と並べて走らせたいですね。

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

という事で安定走行化させるために腰下一式を何とかします。

整備という名の加工を

greenmax 4116 京急1000形 1453編成画像は使いまわしですが、下のスナップ式台車用の床板セットです。
グリーンマックス 床板 TR180A(18m級車両用)スイッチ無し 550円

18m級車両で台車間隔を実車と同じじゃなくても良い人向け。
主に筆者みたいな適当で入れば良いという方。(;^_^A

 

仮に組付けて
鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック以前に鉄コレ京急1800番台でコアレスモーターを取付けてますので、使えるのはわかってましたが改めてなかなか良いですね。
鉄コレの床板よりかははるかに良いです。

ただポン付けではいきませぬ
鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック窓ガラスの一部が床板の一部に当たり膨らみますので矢印の先の出っ張りを4か所1.0mmくらい削っておくことが必要です。

台車はどうしましょ

さて今度は台車が問題です
鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック左がGM製品のTH-2000台車、右が鉄コレのHS-101(KHS-101)台車です。他にHS-001(KHS-001)も制御客車用がありますけど(;^_^A
もっと似た物を2種類購入してくれば良いのでしょうが、今は緊急事態宣言下でもありますので手持ちであるTHを使います。都合よく8両分(^^♪
この台車は京急1000形1057編成でKATO台車に履き替えましたのでその余剰品です。

パッと見てわからないと思いますよ。そもそも鉄コレ車体にこの台車が付いてても気が付かないのではと。

台車の塗装は

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック塗装をしてみます。
どんなに下処理してても剥がれる時ってありますよね。それと車輪磨きで塗装剥がれもあるでしょうし。この為、基本は台車の塗装は行っていません。
しかし色が違い過ぎるのってΣ(゚Д゚) わがままですね~♪

工程は脱脂→ミッチャクロンマルチ→タミヤのニュートラルグレーでプシューっと

乾かしている間に違うことでも

床下機器

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック床下機器は実車のと見比べると鉄コレのはかなり違うんですね。
まぁとりあえずではありますが鉄コレの床下機器をそのまま使います。
その為一段下がっている所をプラバンで上げます。

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック2号車、7号車の床下はこんな感じにする予定です。

床下機器もニュートラルグレーで塗装しました。画像は取り忘れっしゃです。

バランスを見てみます

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック塗装済み台車を組み立て床下に取付けます。

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテックまだちゃんと走るかわかりませんので、カプラーはアーノルドカプラーのままとなってます。
台車とボディーの隙間は・・・・丁度良い感じもします。

 

鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック3号車、5号車、6号車はこんな感じです。鉄コレ 北総9000形 9018編成 トミーテック2号車、7号車はこんな感じです。
パンタグラフはまだ取り付けていないです。

走りの方はかなり良くなりました。
ピボット集電で車輪の転がりも良いし、何と言っても室内灯の点灯化準備ができたわけです。室内灯を入れるかは別として。

次回は4号車(9014)に動力装置を組み込んでみようと思います

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

整備加工(弄る)その2はこちら↓↓↓

 

Return Top 横濱模型