横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

コキ105-39・コキ105-40 コンテナなしが入線です。TOMIX 2749

ども、横濱模型です
本日はこちら↓↓↓
トミックスのコキ105 コンテナなし・2両セットになります。

1990年・1991年に40ユニット80両が作られました。2両1ユニットで運用されます

中身を見てみます(;^_^A

模型データ

TOMIX Nゲージ コキ105 コンテナなし 2両セット 2749 鉄道模型 貨車
発売年2021年(07月16日) 記号(ロット)V66BA 価格2,090円
セット内容は
コキ105-39
コキ105-40

付属品は反射板(2種類)
使うのは左側の押込み式の方になります。

 

 

裏側は説明書的な物があります。

サイドビュー(^^♪

コキ150-39
コキ105-40

金型はコキ104を流用してます。
実車の方ではコキ103とほぼ同等とのことです。
台車はFT1形となります。

標記類は

意地悪な拡大画像です(;^_^A
標記類の印刷は「JRF」マークや「突放禁止」もキレイに印刷されています。
側面のブレーキハンドルは取付済みです。
車番や形式もキレイに印刷されています。
形式コキ105がわかりますね。

 

 

コンテナを積載してみる

ロンパスのコンテナは持ち合わせてませんので、手元に出てましたネコロジーのコンテナで確認です。
今回は真っ直ぐに載っているかと思います。

コキ103ではこんな具合でした↓↓↓
これは手曲げ手法で修正はしましたが、今回のコキ105は不具合無しでした。

連結間隔

連結間隔は約10.0mmってところでした。
これをKATOの車間短縮ナックルカプラーやGMナックルカプラーに交換すると半分の5.0mm前後に縮まるかと思います。

いつもの撮影場所で

手すり側は別パーツで、反射板取付け対応となります。
こちら側をボディーマウント化する3Dパーツがリカラーさんより発売されています。
コキ104の金型ってことですから、コキ104用のが取り付け出来ますね。

さて編成はどうしましょうかね~

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top