横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

DF200 200番台を弄る。その1 TOMIX 2242 愛知機関区 DF200-222号機へ

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
トミックスのDF200 200番台 になります。いまは北海道から愛知機関区にその活躍を移している機関車ですね。
もちろんタキ1000やタキ1900、ホキ1000をけん引して頂くために購入してます。
そろそろKATOのDF200が発売されそうなのでその前には何とかしてあげないとなりません。

入線記はこちら↓↓↓

それでは弄ります

整備という名の加工を

先ずは分解します。
ボディーを取外します。

LED交換

基板を押さえているカバーを取外すと
基板が出てきます。
1kΩのチップ抵抗、ショットキーバリアダイオード、オレンジ色のLEDがはんだ付けされてます。
オレンジ色のLEDはサイドビュータイプの電球色LEDに交換します。
抵抗は捨てました。その代わりに定電流源ICを使います。
LED交換した基板は元の位置に戻して、基板押えカバーをセットするだけです。

それでは点灯確認です。ビカ~ん!明るいところで煌々と点灯しました。暗い中で点けたら明るいのは当たり前ですからね。

次は

ガラスパーツ

DF200のガラスの縁はブラックアウトすると効果大です。

ガンダムマーカーブラックで
フチをヌリヌリします。ガンダムマーカーブラックはアルコール系なのでサラサラした感じで塗れます。
厚塗りするとボディーに戻す時に支障ありです。塗装が剥げたりちゃんと取り付け出来なかったりとか。

ヘッドライト所も黒いので、3か所ブラックアウトしていきます。ヘッドライトレンズの所はスミ入れ塗料です。
乾くまで違うことを行います

ユーザー取り付けパーツ

別パーツ化されてます、ホイッスルカバー付きを取付けます。
意外と手こずりました。
ついでにナンバープレートと手すりも取付けちゃいましょうか。
ナンバーは・・・222号機で。特に意味はありません。
番号が並んでたもんで(;^_^A

それらしくなってきましたね。
もうちょっと実車の写真とにらめっこして後はどこを弄るか考えます。

ということでその2があります。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END