横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

C62 2号機梅小路機関区”京都駅店5周年記念”モデルが入線しました。 KATO 2017-K KATO京都駅店特製品

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓が入線
KATO京都駅店5周年記念で発売されました、C62 2号機梅小路機関区になります。
前回発売されました特製品の再生産というわけではなさそうです。

今回の商品は品番が2017-Kとなりました。KATOの”K”でしょうかね。
インサートシートも微妙に違ってますね。

それでは中身を見てみます

模型データ

KATO Nゲージ 2017-K C62 2梅小路機関区”京都駅店5周年記念”
LotNo,4110307 002-2780 製造年2021年 価格18,150円
前回のC62 2号機梅小路機関区’1972’と比べて1500円の値上げとなってます。

 

付属品は
「つばめ」と「はと」ヘッドマーク付き。それとナックルカプラーですね。

サイドビュー(^^♪

KATO 2017-K C62 2号機 梅小路機関区 公式側
KATO 2017-K C62 2号機 梅小路機関区 非公式側

動力にはコアレスモーターフライホイール付き。
車輪(動輪)は全て銀車輪となっています。SL白鷺牽引時の磨きだしされた車輪を想定しているのかと思います。

色々な角度から

ロッドは赤色で再現されています。側面ランボード、テンダー部には白ラインが入っています。

 

今回も3号機のボディーを流用しています。ボディーの刻印は2017-3となってました。
空気作用管がストレートなので似ていることからの使用かと思います。

煙室扉周りパーツは前回新規作成された物と同じと思われます。
扉のハンドル形状が違いますね。
お尻は・・・塗装もきれいでつやつやです。

惚れ惚れするくらいのプロポーションです。

標記は製造銘板だけですかね。
キャブ下の機器は耐寒仕様のカバー付きとなっています。前回品はカバー無しとなっていました。実車の方はカバーがあるようにはみえませんので、ここはもしかしてパーツ選択ミスかもしれませんね。
また、ハンドレールはプラ材となりました。前回は金属でしたので残念です。

さて必ずやらかしてくれるのが京都駅店特製品の特徴です。
どうしてこうなっちゃうんでしょうかね?

こちらもどうなっているのでしょうかね (;^_^A

いつもの撮影場所で

左から東海道仕様、中が渡道した後の2号機、右が梅小路に戻ってきた後と3仕様が楽しめるようになりました。
並べると磨きだされたボディー表現が良くわかりますね。

次回はナンバープレートの修復を行ってみようと思います。

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END