横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

C62ゆうづる牽引機(常磐形)が入線しました!KATO 2017-6 24号機

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
KATOから2019年1月に発売されましたC62 常磐形(ゆうづる牽引機)になります。
こちらはGAFAの中のAmazonにて、秋の陣・Amazon Prime Day(プライムデー)2020 にて他の物と一緒に「ぽちっとな」となりました。

それでは中を見てみましょう

模型データ

KATO Nゲージ 2017-6 C62 常磐形 ゆうづる牽引機
LotNo,3811203 002-2577 製造年2019年(1月29日発売) 価格13000円
内容は
C62本体、付属品

付属品は
重連用カプラー、重連用ナックルカプラー、KATOナックルカプラー、スノープロウ、重連用スノープロウ、ナンバープレート、ヘッドマーク、煙突

サイドビュー(^^♪

2017-6 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)公式側
2017-6 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)非公式側

色々な角度から

斜め後ろから。

フロント周りです。

ハンドレールや手すり関係は金属ではなく軟プラです。
前面のカプラーは交換済みです。
煙突は短い23号機用が取り付けられています。回転火の粉止め(クルクルパー)を取り付けした際に短くなり、その後撤去した状態を再現となります。22号機や24号機にする場合はちょっと長い煙突に付け替えます。

ボイラー脇はパイピングが下の方に取付けられている川崎車両らしい感じでしょうか。

 

キャブ下の配管の形状も今までのとはちょっと変わっています。線が細いので精密感マシマシとなってます。

ATSはテンダー下に設置されていますが、呉線と同じく精密化されたものが取り付けられています。刻印(2017-6)を見てみますと常磐形専用品のようです。
配線が丸まっている感じに見え、実車の方もこうなってますね。

 

屋根の雨樋が後方に伸びて雨どいの形?が今までのC62とは違います。さらに別パーツ化されています。

今更感がありますので、この辺で

 

いつもの撮影場所で

走りの方はスローからも気持ちよく走り出し、さすがコアレスモータです。

既に2両購入してますから要らないのでは?と思ったのですが、10系客車と20系寝台客車「ゆうづる」をスライドさせたいということで導入です。この時代はまだ複線も少ないでしょうから、こうだったらいいなぁ~って感じでイメージしてニタニタするわけです(;^_^A
それにしてもカッコいいですね~(^^♪

次回はちょっとだけ弄ってみます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END