横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

D51 標準形が入線です。KATO 2016-9

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓のSL
KATO 2016-9 D51 標準形KATOより7年ぶり2度目の生産になるかと思います、D51標準形になります。
2012年に発売されましたがしばらくの間売れ残っていました。7000円位でしたので伯備線3重連用に2013年7月にで増備させた記憶があります。

2016 D51標準形の入線記はこちら↓↓↓

今回の新品番はスポーク先輪、スポーク従輪、電球色ヘッドライト・・・とあそこです。

それでは中身を見てみます

模型データ

KATO Nゲージ D51 標準形 2016-9 鉄道模型 蒸気機関車
LotNo,3910608 002-2580 製造年2019年 発売日6月25日 価格12000円
本体の他に付属品あり
付属品は
重連用カプラー2種、CSナックルカプラー、選択式ナンバープレート、説明書
選択式ナンバープレートは4種類「352」「453」「611」「829」

サイドビュー(^^♪

KATO 2016-9 D51 標準形
KATO 2016-9 D51 標準形 公式側
KATO 2016-9 D51 標準形
KATO 2016-9 D51 標準形 非公式側

その他アングル

下からのアングルもカッコいいですね。デフの裏側も再現されているのがとてもリアルに見えますよね。後はヘッドライトレンズか (^^♪

炭水車(テンダー)8-20石炭8トン水20トンから見たD51は重厚でカッコいいですね。1000番台に見られた10-20の船底テンダーもそそられます。製品化キボ~ンヌ(*´з`)
テンダーライトは非点灯式、解放テコはモールド。

機関炭の間からはバックプレート?部分がちょろっと見えます(;´Д`)ハアハア

サイドの作りもたまりませんね。初回品と変わらないでしょうが。
今回も標記はキレイに印刷済みです。雨どいからの配管も別パーツで良いですね。
機関炭をもう少し詰めたいところです。

KATO 2016-9 D51 標準形ボイラー上の発電機周りです。
なかなかいい眺めです

KATO 2016-9 D51 標準形キャブには丸窓が2連装!このキャブだけ欲しい。
天窓は開きません。信号炎管はモールドですが、これはこれでよいでしょう。

前面その他

KATO 2016-9 D51 標準形中心がズレてました(;^_^A さすが横濱模型と笑ってください(>_<)
若干の腰高感はありますが、これ以上下げると走行できるNゲージとして無理があるのでしょう。排障器も標準装備です。
先輪も昔に比べると細くなりローフランジですよね。

KATO 2016-9 D51 標準形上側のD51は2012年製造で、下が今回のD51です。
違いは手すりが金属から軟質素材に変わりました。他のD51と比べてフニャフニャ感は少ないので材質が少し変わったのか。

KATO 2016-9 D51 標準形今回もありました。煙突を回すとヘッドライト消灯スイッチ(アナログ式)回してただ遮断するだけです。

動力ユニット

KATO 2016-9 D51 標準形こちらはフライホイール付コアレスモーター動力ユニットです。
ライトユニットやフライホイール、導光材(無色透明)は最近の仕様に準じています。
ライトユニットには電球色サイドビュータイプのLEDが取り付けられています。

今回の目玉のところ

KATO 2016-9 D51 標準形ボディーの方で違いはありますが、品番が追加された一番の理由はこちらのスポーク車輪だとか。スポークの所が抜けてて良いですね。(;´Д`)ハアハア

KATO 2016-9 D51 標準形従台車の従輪もスポーク車輪化されました。見た感じはわかりにくいですが(;^_^A
床下周りの精密さもいつ見ても惚れ惚れします。

いつもの撮影場所で

KATO 2016-9 D51 標準形前回は伯備線3重連仕様にしてしまったので、今回は標準仕様にでもしてみたいです。
標準仕様ってなんじゃと(;^_^A

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top