D51 498を弄る。その1グレードアップ KATO 2016-1

どうも~(^^)/
本日は 鉄道の日ってことで、2回目の投稿です。←意味不明ですいません
今回はD51-498を弄ってみました!
以前にちょろ~っと紹介させて頂きました

そしてこの型番違いの新製品はこちら↓↓↓

先日もご紹介した通り旧製品なので、スポークが抜けていないんですね。
お手軽にKATOから純正パーツAssyが発売されましたので交換してみます。

整備という名の加工

 

皆さんの方がご存知、スポーク車輪なのに抜けてない奴です。
画像をクリックすると「でっかく」なっちゃいます

もうすでに色々なブログで紹介されていますのでサラーッと
KATO 純正パーツ 2016-7D3 D51 498 先台車 Assy 600円
KATO 純正パーツ 2016-7D4 D51 498 従台車 Assy 600円

ここのブログを見て頂いている方らな、スポーク車輪の大入りをお持ちでしょう。
KATO 28-194 スポーク先輪 8個入
KATO 28-193 スポーク車輪 16個入
持ってなくても、Assyパーツがあるうちにどうですか

動輪押さえ?床下?のパーツごと取外して交換すると簡単で早いです。
先輪にはバネもありますので、無くさないように慎重に。

交換が出来たら元通りに組んでいきます。

先輪は交換すると効果大です。

従輪はほぼ見えません。真横から覗いてなんとかわかる程度です。

いつもの撮影場所で

これでぱっと見新製品と変わりません!ヘッドライトを点灯するとばれちゃいますけどね(;^_^A
自己満足大です\(^o^)/

その2へ続く

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top