横濱模型

Nゲージインフォメーション

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日はこちら↓↓↓

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン

KATOから2009年9月頃に発売されてます、国鉄 14系寝台特急「さくら」長崎編成・佐世保編成セットの続きになります。

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

こちらは「さくら」や「みずほ」ではなく、「紀伊・いなば」に仕立てたいと思います。

それでは弄ります

整備という名の加工を

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインとりあえずはカプラー交換しながら何をしようか考えます(;^_^A

セットケース内にスハフ14ジャンパ栓付ボディーマウントが付属しています。
これを使ってナックルカプラー化します。
14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインAssyパーツ品番はZ05-1787ですので、無くしてしまったかは検索してみて下さい。
アーノルドカプラー用のボディーマウントを取り外して分解しておきます。

板バネと受けの部分は再利用して、カプラーはEF66用と言われているKATOナックルカプラーを取り付けます。14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン純正パーツですから組み立ても簡単に出来ます。
後は床下に取り付けるだけなんですが、もう1工程行います。

トレインマーク交換術

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン床下を弄ってますのでついでに行います。
床下とシートを分解します。
次に用意したのは
14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインこのトレインマークセット
・ホビーセンターカトー(ラウンドハウス)28-196 14系寝台車用トレインマーク 2500円
赤ラベルのやつ

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインイラストタイプ:
「出雲」「北陸」「北星」「ゆうづる」
「紀伊」「銀河」「ちくま」「だいせん」
文字タイプ:
「出雲」「いなば」「あさかぜ」「あかつき」
「紀伊」「あさかぜ」「彗星」「明星」
「北陸」「北星」「日本海」「急行」

この中の文字タイプで「紀伊」と「いなば」が入った物を使います。
それにしても2500円+税は高いですね(;^_^A
前回は「ちくま」の回で使いました。

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインまだ何もしませんのでトレインマークを交換したら組み立てます。

ボディーマウントを取り付けて確認します。

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインこれこれ(^^♪
短命で終わってしまいましたが、EF58がけん引する14系でしたね。

側面方向幕

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインKATOの新仕様のブルトレは方向幕が透けないタイプなんです。
これを透けるものに交換します。

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン
Re-Color KT041 KATO側面方向幕 12系14系24系向け

使うのはお馴染みのリカラーさんの3Dパーツ
・Re-Color KT041 KATO側面方向幕 12系14系24系向け 2両分 500円
この他にN-DNAさんのとかKATO純正品で発売予定されているAssyパーツ品番5182-3E4と5183-1E4の側面行先表示があります。

リカラーさんのは2ピース構成ですので、グレー色の所を黒色に塗装すればHゴム黒仕様にもなります。

14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレイン白いパーツを取り外して、3Dパーツを少量のボンドで貼り付けるだけです。

床下を組んでみます
14系寝台特急「さくら」を弄る。その1「紀伊・いなば」編成 KATO 10-598 / 10-599 ブルートレインとりあえずではありますが、こんな感じになります。
シンデレラフィット!
透明なところと乳白色なところがあると思いますので、後々弄ります。
これのおかわりをあと××輌・・・先が長そうです(;´д`)トホホ

それではこの辺で

その2へ続きます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

 

 

Return Top 横濱模型