横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

885系「かもめ」の分解整備。KATO 10-410

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
KATOから発売されてます885系「かもめ」6両セットになります。その後製品名が885系「白いかもめ」6両セットになったようです。
ロット番号から見ると2000年製のようです。あ、21年も前の製品なんですね~(;^_^A

こちらは最高速度130km/hで走るようですが、この模型はなんと走りません。
はてはて? 多分あそこだと思います。

早速ですが分解整備を行ってみます

整備という名の加工を

見た感じ普通に見えますね。でも唸って空回りしている感じです。

分解

ボディーと動力ユニットをばらします。
側面の下側を広げて爪を外す感じです。

次に
台車を取外しますが、振り子車両は気を付けなくてはなりません。
振り子車特有のギミックがここにあります。台車に突起があるのでこれを折らないように動力側の枠を広げて外します。
知らない方はここをボキって折ってしまいます。

次は
モーター押さえ(029956-1 EC用シュー押さえ)を取外します。
劣化している場合はこれも折れやすくなってます。

裏返して
モーターカバーを取外します。

よく見ると
ジョイント部分に亀裂がありました。やはりここでした。
しかも両方ともですからそりゃ~走りませんわ。

確認できたのでさらに分解していきます

室内パーツ(シート)を取外します。

側面の爪で4か所と モーターの近く(裏側)にさらに4か所あるので全部解除して持ち上げます。

取外すと
モーターが取り出せれますジョイントはAssyパーツ(Z06-0129 6014ジョイント)が販売されてますのでこれを使います。

ササっと交換して元に戻します。
全部戻す前に台車を仮ではめて動作確認だけしておきます。
まぁ良さそうなので次に行きます。

台車のメンテナンス

バラしたついでに台車のメンテンアスモ行っておきます。

一度分解してから
集電金具のさびや汚れを除去します。
金属でできているギヤに劣化したグリスがついているのでこれも除去します。
プラギヤの側面とピボット部分にはユニクリーンオイルをちょんつけしておきます。 組立てから金属ギヤにセラグリスHGを塗っておきます。
後は台車を組み立てます。ジョイント部分にもセラグリスHGを塗っておくと良いかもしれません。ユニクリーンオイルを流すとジョイントが滑ってしまいますのでご注意を。床下パーツにも金具がありますので汚れなどがあったら除去します。

組立

組立は分解の逆順です。
シートパーツを差し込んでシュー押さえをセットします。
その時にモーターから出ているシュー(金具)を元の位置に曲げなおしてからシュー押さえを差し込む感じです。モーターカバーも取付けてから台車を取付けます。突起に気を付けます。

出来上がったらテスト走行です
バビューンって音がするかはあれですが、静かに走るようになりました。\(^o^)/

いつもの撮影場所で

これで緊急事態宣言解除後に九州会の皆様と一緒にレンタルレイアウトに行けそうです。

スピードが出なかったり、異音がしたり、走らなかったりした場合はジョイントを確認してみてください。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END