横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO 20系(北星編成) その11 カニ21の室内灯

ご訪問ありがとうございます。

ついにカニ21です。

では、室内灯を弄ってみます。

KATOの20系はいいですね。

画像は使いまわしです。

・ブリッジダイオード DIP型 DI1510 700V 1.5A
・セラミックコンデンサ 10μF 35V

白色LEDテープ(Amazonで売ってます)

それから
・集電用スプリング TP-001 タムタム
・集電金具 TP-003 タムタム

タミヤのプラバンを先日カットしたものから1枚使用です。

室内灯は画像のような感じに仕上げます。
白色LEDテープの端にブリッジダイオードを取付け
反対側にセラミックコンデンサを取付けます。

車掌室側から見てみると、白色LEDテープは真ん中位になります。

スプリングを1/4にカットしたものを集電用金具に差し込みます。

スプリングにブリッジダイオードの足を差し込みます。

ブリッジダイオードの足は半田の盛増しして強度を上げておいてください。
そうしないと、すぐに足が折れてしまいます。

スプリングを半田付けしてしまうってのも良いでしょうか

はい、ここまではナハネ20と同じですね。

やっぱり、カメラの腕前が・・・(>_<)
夜間撮影は難しいですね。

カニ21も無事室内灯を完備いたしました。

室内灯作業はあと、ナハネフ22のみとなります。

その12へつづく

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

Return Top // LAZY START // lazy END