横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

381系「パノラマしなの」登場時仕様が入線しました。KATO 10-1690 6両セット

どうも~(^^)/ 横濱です。
本日はこちら↓↓↓

KATOから発売されました、381系「パノラマしなの」登場時仕様になります。

グレー床下の色違い(細かな仕様違いあり)に貫通扉が手直しされたクハ381を入れ込んだ編成となっています。
ようやく発売されましたかってところです。グレー床下セットは2015年頃ですからKATOとしてのバリ展は速い方でしょうかね(;^_^A
その間に「ゆったりやくも」「ゆったりやくも ノーマル編成」「スーパーくろしお」と発売されてましたね。
こちら先にも書きましたがグレー床下を含め「しなの」三作目となります。レジェンドコレクション「しなの」、「パノラマしなの」グレー床下、「パノラマしなの」登場時となります。

それでは中身を見てみます

模型データ

KATO Nゲージ 381系 パノラマしなの 登場時仕様 6両基本セット 10-1690 鉄道模型 電車
LotNo,4110305 010-4672 製造年2021年(5月27日発売) 価格18800円

セット内容は
4856-2 クロ381 13
4852-A モハ381 13
4853-F モハ380 13
4851-6 モハ381 4
4853-E モハ380 4
4850-3 クハ381 16

付属品は、
行先表示シール
連結用スカート
トレインマーク変換用ドライバ
愛称板
説明書

サイドビュー(^^♪

4856-2 クロ381 13
4852-A モハ381 13
4853-F モハ380 13
4851-6 モハ381 4
4853-E モハ380 4
4850-3 クハ381 16
モハ380-4はフライホイール付動力ユニット採用、全車振り子機構、車輪は黒染車輪となってます。
編成は昭和63年(1988)頃のパノラマグリーン車が組み込まれたものとなってます。

側面の標記類などを見てみる

塗分けは凄くいい状態かと思います。またステップ部分にはシルバーで色差し塗装済みです。

車番はもキレイに印刷済みです。

 

今のところ帯の塗分け塗装乱れはないようです。さぼには「しなの」は入ってます。

 

クロ38!も見てみます。細い帯が若干ウネウネしていますが、ここは難しいでしょうね。前面ガラスを上にしてみると真っ直ぐなので、どうでしょうかね。

車番もクッキリはっきりと見えます。グリンカーマークもキレイに印刷されています。

大型のJRマークやサボの「特急」もキレイに印刷されてます。
赤色はやはり難しいのでしょうかね。地のクリーム色がうっすらと。

ヘッドライト・テールライト点灯確認

ヘッドライトはともに点灯確認できました。残念ながら白色LEDに黄色の導光材です。

ヘッドライトの明るさの割にはトレインマーク部分が明るすぎます。

テールライトも、もちろんキレイに点灯しています。

幕回し

上から「しなの」「臨時」「シュプールつがいけ」「シュプール栂池・八方」

ライトユニットを見てみる

座席色は鮮やかな?ブルーです。

 

ヘッドライト用の導光材は黄色っぽく着色された従来の物です。
で、ここをちょいと加工してあげればヘッドライトは明るくなります。

加工方法はこちら↓↓↓

レジェンドコレクションと

レジェンドコレクションの381系と並べて見ると貫通扉の違いが判りますね。

いつもの撮影場所で

クリーム4号に赤2号の帯をまとったKATOの国鉄特急色を久々に購入したような気もします。

グレー床下の「パノラマしなの」のクロと。良く出来ていますよね。

あれも並べて見ましょうか
KATOのが発売されるまでは、宮沢(TOMIX+レジン)のパノラマしなのが最新型でしたが、こうやって並べてしまうと時代を感じますね。似ているようで似てないそんなところです。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END