横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

スハ44系 特急「はと」が 入線しました。KATO 10-1659

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
KATOから新発売されました、スハ44系 特急「はと」になります。
何年も前なら購入者は多かったでしょうが、今はどうなんでしょうかね。

9時発の「つばめ」に対して12時30分発の「はと」となります。

さっそく中身を見てみましょう(^^)/

模型データ

KATO Nゲージ 10-1659 スハ44系 特急はと 7両基本セット
LotNo,4011103 010-4610 製造年2021年 価格12,400円
5121-5 スハニ35 6
5122-H スハ44 25
5122-J スハ44 19
5125-2 マシ35 1
5123-5 スロ60 26
5123-6 スロ60 20
5131-2 マイテ58 2

他に付属品があります

テールマーク「つばめ」「はと」
ナックルカプラー
行先シール(画像ナシ)

サイドビュー(^^♪

5121-5 スハニ35 6
5122-H スハ44 25
5122-J スハ44 19
5125-2 マシ35 1
5123-5 スロ60 26
5123-6 スロ60 20
5131-2 マイテ58 2 非公式側
5131-2 マイテ58 2 公式側

昭和30年(1955)頃の品川客車区所属車がプロトタイプ。ぶどう色1号の塗装となります。
マイテは丸屋根のリベット無しとなります。

標記関係は

スハニ35の標記はかなりキレイに印刷されてますね。ボディーのぶどう色1号は梨地に見えるのですが、気のせいかな 台車はTr47形でKATOカプラーNJP-B装備。

次にマイテ58!
サボに「はと」とたまらんですね。台車は3軸台車のTR73形となってます。

 

行先サボには「大阪行」とこれまたたまらんっす。

 

マイテ58 2は新製品で、公式側デッキが閉塞された姿がちゃんと再現されてます。
標記はどっれもキレイに印刷されてます。本当にすごいですね。こういうところを見ると企業努力がわかる気がするような。
大きくしてますが、Nゲージモデルってことを忘れてしまいそうです。

ついでに
屋根上ベンチレーターありの姿なんですが、ベンチレーターは別パーツ化されています。
残念なことにマイテ以外のさ車両は屋根板にモールドされてます。今までの流れで行くとマイテもモールド仕上げになってもおかしくはないのですが。

テールライト、行灯の点灯確認

左がスハニ35でこちらはレンズは入ってますが点灯しません。
右がマイテ58で良い感じに点灯しています。

マイテの中はこんな感じです。
見慣れた感じの室内ですね。
新規でボディーを作ったのに床下は使いまわしです。今ならもっと薄く出来ると思うのですが。

白色LEDなのですが、曇った感じの3㎜砲弾型がついています。

裏はチップ抵抗が付いたこんな感じです。次回は常点灯化にしてみます。

 

右がマイテ58 1と左のマイテ58 2を並べて見ました。刻印が同じなので並べるまでもありませんが撮影したもので(;^_^A 特に意味はありません。

マイテ58の反対側妻面も撮影してました。テールライトはモールド仕上げとなってます。
若干車高が高いですよね。スハやスロと比べて1.0mmくらい高いようにも見えます。

いつもの撮影場所で

茶色(ぶどう色1号)のマイテが3種類目となりました。\(^o^)/
こうなってくると次はマイテ39 21とかマイテ49とか欲しくなりますね。

KATOから発売されています製品は
・10-534/10/535 スハ44系 特急「つばめ」
・10-428/10-573「つばめ」青大将
・10-234/10-235 特急「はと」青大将
と3製品があります。他に旧製品もありますが・・・それは置いといて
新仕様の茶色2本と淡緑が2本ですから次は無さそうな感じもしますね。

 

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

増結セットの入線記はこちら↓↓↓

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END