横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

20系「カートレイン九州」を弄る。その3 KATO 10-1548 13両セット

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
KATOの20系+ワキ10000「カートレイン九州」になります。
久々の登場です(;^_^A

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

前回もワキ10000をイジイジしましたが、今回も台車交換してみます。

それでは弄ってみます。

整備という名の加工を

こちらは筆者が最終的に採用した5139Dの台車にナックルカプラー(かもめ)と車間短縮ナックルカプラーを取付けたワキ10000(上側)と製品そのままのワキ10000(下側)です。

ただこれは台車が手に入る場合なんですよね。

最近は
・KATO 純正パーツ 5139-AD スニ41単品 台車(アーノルド) Assy 450円
この台車が再販されましたので、集電金具を折り曲げ加工して取付けられます。

車間短縮その2

ジャンパーケーブル・ホース付きはこんなにも車両間隔が広めなんです。

これを
レサ10000系でも使いました、車間短縮アダプターと車間短縮カプラーを使って車間を縮めます。

台車にセットするとこんな感じになります。

 

カプラーの高さは丁度良いようです。

 

連結間隔は・・・模型としては最高です!

ジャンパーケーブル・ホース表現はありませんが、次を考えてます(;^_^A

いつもの撮影場所で

連結間隔はまぁまぁですが、なかなかいい眺めです。

 

夕暮れ時っぽく撮影してみました。

これでカートレイン九州のセットアップはこれでおしまいです。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END