横濱模型

Nゲージインフォメーション

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499D51 200 + 35系4000番台 SLやまぐち号セットのD51を弄ります。
Assyパーツが出るまではしくじれませんので、慎重に作業を進めます。

入線記はこちら↓↓↓

いつものD51の整備ですね

整備という名の加工を

テンダーのカプラー交換

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ナックルカプラーに交換するだけなんですが・・・まずはバラします

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499テンダー台車を外してからカプラーセットを外します。
ここのEF66用と言われているナックルカプラーに入れ替え・・・

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ナックルカプラーの穴の位置を変えます。別の位置に穴を開け直します。
これにカプラースプリングを適度の長さに切った物を差込んで使います。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499カプラーセットを取付けると素晴らしい車間になるに違いありません。
これでKATOのカーブレールR282以下はヤバいかもしれませんね。

ヘッドライト常点灯化

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499D51のというより、コアレスモーターの蒸気機関車は常点灯が難しいですよね。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499フライホイールとモーターを取外します。
その後にライトユニットを取外します。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499抵抗とコンデンサーを半田こてを使って取外します。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ショットキーバリアダイオードに定電流源IC、取外したコンデンサーを取付けます。
基板は一部加工してください。過去ログを検索してくださいね。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499一応点灯確認です。
電球色LEDが煌々と点灯しています。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499スローでも動いていませんよ。

前面のカプラー交換で連結可能に

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ダミーカプラーを外して、KATOの小さいナックルカプラー(ビジネスカーナックルカプラー)を加工して差し込むだけなんです。

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ちょっこり色が違うのがあれですが、気になるようなら塗装ですね。
一応連結確認もしないとなりません
D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499高さも連結も車間もまずまずといったところでしょうか。
ついでにテンダーの方も確認しておきます。
D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499何かと話題のスハテ35 4001と連結確認しています。
この連結間隔はヤバいっす

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499我が家で最小のKATOのカーブレールR282です。
まだまだいけそうです。ダブルクロスはヤバいかも。

いつもの撮影場所で

D51 200+35系4000番台 SLやまぐち号を弄る。その1 KATO 10-1499ナンバープレートは赤にするか黒にするか、悩むな~

まだまだ弄ります。つづく

その2へ

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top 横濱模型