横濱模型

Nゲージインフォメーション

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日は、こちら↓↓↓の車両
KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合キハ58のM車に室内灯を取付ける為の説明が、説明書にはありませんでした。
わかる人にはわかる事なのですが、始めたばかりの方やKATO以外しか買ったことが無い方には非常にわかりずらいですよね。

そこでKATOから追加の案内がありました。こちら↓↓↓

ちょうど室内灯でも入れようと思っていましたので、純正品を試しで取付けてみます

整備という名の加工を

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合M車(動力ユニット付き車両)はこんな感じの床下になります。

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合集電シュー(集電金具)をくの字に曲げます。上の画像の下側が負け加工したものです

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合その曲げ加工済みの集電シューを床下2か所に差し込みます。

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合ライトユニットを基板と基板ホルダーにわけます。ホルダーは使いません

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合ライト基板の足を2.5mmの所で切ります。私はいつも曲げっぱなし(;^_^A

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合導光材を1ブロックカットしておきます。

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合ライト基板と導光材を取付ければ完了ですね。
集電シューを取付けるときに青丸の所を上と下間違って入れてしまうとショートしてしまいます。

番外編

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合真ん中にあるコンデンサーを付け替えます。
上手くいくかな~

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合室内灯も点灯して、ヘッドライトも常点灯しました\(^o^)/
後はボディーを取付けて

いつもの撮影場所で

KATO キハ58(M)に純正室内灯を付ける場合室内と入れるといい感じになりますね~(^^)/
白色(昼光色)よりもうちょっとオレンジっぽい昼白色が似合いそうです。
フィルターを噛ませるのも手ですが、あれを使います。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

整備加工(弄る)その3はこちら↓↓↓

 

Return Top 横濱模型