KATO E001形 トランスイート四季島を弄る。その9 エヌ小屋シールでファイナル 10-1447 ☆彡 横濱模型の秘密基地 #鉄道模型 #nゲージ

横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO E001形 トランスイート四季島を弄る。その9 エヌ小屋シールでファイナル 10-1447

どうも~(^^)/
本日は暖かいですね。渋谷模型知ってますか?とても残念です。
横濱模型はつぶれません。だってお店じゃないからです。
本日は、こちら↓↓↓
四季島のスイート個室の2,4,8,9号車を弄ります
全部同じようなものなので割愛してご報告いたします。

前回までのあらすじは↓↓↓

整備という名の加工を

ちょっこりフライングで貼ってますが、D:床シールを切り出して現物に合わせてから貼りつけます。
テーブルの所がちょっときついです。

こちらはM車(動力)です。
KATOの金型が超デフォルメされていて他の車両と合っていないのでテーブルの位置が完全に違います。
ここは全部貼って見なかったことに(;^_^A

見えない所は貼らないようにして、次行きます
B:個室内シートを貼っていきます。同じのをやるのが苦手( ゚Д゚)

切り出すのも面倒です(;^_^A
息抜きでJ:鏡シールを貼りました。ついでに見えない洗面所の床下を貼りました。

洗面所のドアと壁紙シャワー室のカーテンを貼っていくのですが、・・・

そのまま貼ると厚いので、シートを半分くらいすきました。薄くなったシートをボンドGクリヤーで接着すれば簡単です。

O:緑布シールをベッド兼用ソファーに貼りつけます。

M:黒シールをテーブルに貼ります。緑布を先に貼るか、テーブルの黒シールを先に貼るかはあなた次第!
個室内側はなんとなく出来ました。洗面器と便器は艶消しホワイトで色差ししておきました。

貫通路側の壁には専用の壁紙がありますので、こちらも貼ります。
こちらもボンドGクリヤーで接着です。

通路側の床下に強度確保用?の出っ張りが4本あるのですが、気になったのでスムージング処理します。

F:床木目シールを使うのですが、レーザーカットされているところではない、余白を使ってしまします。

余白から作った一枚物の床シールを貼りつけます。
ここまでの作業を繰り返します。
ちなみこちら↑↑↑の画像のものは説明書通りに貼ったものです。この違いが判って頂ければ嬉しいです(^^♪
この車両は一度剥がして再度施行し直しました。

デラックススイート追加作業

デラックススイートの洗面所(風呂場)は貼りつける予定がありませんでしたが、やっちゃいました(;^_^A
ヒノキ風呂の浴槽はF:床木目シールに枠がありますので、枠はそのまま使って他は余白を切り出して貼りつけました。
壁紙を張るところに嫌な段差があるので、ここは段差の所で一度かっとしました。赤い矢印の所。
切った所は紙を空いて薄くします。ボンドGクリヤーで接着すると案外いい感じになります。外から見えませんけど

切れ目が目立ちますが、ここにJ:鏡シールを貼ればわからなくなるはず

まぁこんなもんでしょう。わかりにくくはなっているはずです。

ラウンジ「こもれび」の追加作業

手すりを取り付けて見ます。
0.3mmの穴を4か所開けてから真鍮線を差込んで組み立てていきます。
手すりが出来ました\(^o^)/
こそっと色々な場所を色差ししてそれらしくします。

これでやっと終わったのではないでしょうか。ここの作業だけでかなりの期間作業しています。さすがに短時間じゃ終わりません。

台車の作業

台車のエアサスバッグを黒く塗り塗りします。もちろん下地処理は先に行います。
ここは塗っていて意味ないね~と考えながら作業です。上の画像でも違いが良く分からないと思います

黒で色差ししても効果が薄いですね。

いつもの撮影場所で

スイート個室

内装表現シールばんざ~い。\(^o^)/
これはすごいね。

通路側です。良く見えませんので流して下さい

デラックススイート

デラックススイートもいい表情です。
暖炉を作った甲斐があります。壁に反射して見えるのがステキ!(;´Д`)ハアハア
作り込んだ風呂場は見えません(>_<)

室内灯もいい感じです。
一人走行会でニヤニヤすることは間違いなしです。

一応作り込んだ風呂場です。室内灯の光が届くのに見えないなんて

ラウンジ「こもれび」

ラウンジも作り込んでも見えずらいですね。
ボディーを外すとこんな感じです。

ダイニング「しきしま」

厨房は白色蛍光灯風で座席の方は暖色系にわかれています。LEDは一発しか搭載していません。
過去の四季島弄りを参照してください。

小さい窓からでも厨房配膳口が見えますね。壁紙も効果ありです。

展望室1号車・10号車

ウォーターサーバ台のシール貼りつけは良く見えますね。

最後に車両ケースに突っ込んでおしまいです。
車両がキツキツで一部は無理に入れています。これはやべっぞ!

四季島で燃え尽きました。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. トータンさん、コメントありがとうございます。
    私は同じ作業を繰り返すのがなんせ苦手なのですが、毎日1両と言う具合でなんとかできました。
    トータンさんの紙で作られたお城や扇形機関庫に客車と比べたら簡単にできるかと思います。是非作り倒してください

  2. これだけの作業をするには 私みたいな中途半端な人間ではだめかも? その作業の繊細さ改めて感じさせられました

  3. ばっしーさん、初めまして!
    コメントありがとうございます。
    室内灯の入れ方参考にしていただきありがとうございます。
    実車での障子は開いても半障子なので、加工して半障子で開けるのは面倒なので閉めっぱなしにしてます。
    まぁ模型なんで取外して楽しむのもありですけど。

  4. 初めてコメントさせていただきます
    四季島の模型いいですよね(*´꒳`*)
    室内灯の入れ方、参考になります!
    DXスイートの障子は別パーツですから、外せば室内が見えますよ(*´꒳`*)b

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top