横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

濃いブルー色のコキ104を弄る。その1 ボディーマウントカプラー化 KATO 10-1421 リカラー製3Dパーツ

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
KATOの色が整った?コキ104になります。

入線記はこちら↓↓↓

入線はなんと2017年でした。

コキシリーズは何時になってもボディーマウントカプラーされませんね。
何でもかんでもボディーマウントカプラー化してたら高額になってしまいますよね。

それではボディーマウントカプラー化にしてみます。

整備という名の加工を

リカラーさんでコキ107にくコキシリーズでコキ104が発売されています。
・Re-Color KT017 KATO コキ104 第1エンド BMアダプター 3個入 500円
しんがり用です。中間には入れられません。

今までこう言ったパーツは見たことがありませんので、仮に取付けてみます。
板バネとカプラースプリングが使用可能とのことですが、KATOのナックルカプラーは日本版のグレーではCSタイプが発売されていません。
ですので、板バネを推奨とのことです。

KATOの板バネとグレーのナックルカプラーを用意しました
・KATO 純正パーツ Z01-0218 板バネ Assy 330円
・KATO 純正パーツ Z01K0224ナックルカプラー(灰)Assy 420円組み立てるとこんな感じですね。

 

床下にはボンドGクリヤーで固定です。が、なんか感じがつかめましたので塗装してみます。

塗装は
ジェイズスプレーのJR貨物色でプシューッと。
たぶん近い色合いかと思います。

乾かしている間に
台車の加工を行います。
台車マウントカプラーの腕の部分をカットしないとなりません。
カッターで切れ目を入れてから
下に曲げると簡単にカット出来ます。

取付け

KATOのコキ104にはステップがありませんでしたが、このボディーマウントカプラーアダプターでステップまで再現されました。また解放てこもあります。
オプションの汎用エアーホースを取付けるかTOMIXのPZ-001ブレーキホースなどを取付けます。

いつもの撮影場所で

白で色差しを行えばそれらしくなりそうです。
しんがり用ですので反射板設置をするか次のパーツ販売を待つかですね。

連結間隔はこんな感じです。手すり同士の中間封じ込めはできそうです。
こんなパーツを待っていた方は多いはずです。

そんなリカラーはこちら↓↓↓

 

それでは~

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END