横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

20系 寝台特急「日本海」のを弄る。その3 KATO 10-1352

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
20系客車のカプラー周りを少し弄ってみました。
いつもの用に末端だけボディーマウントカプラー化しました。

入線記その1はこちら↓↓↓

入線記その2はこちら↓↓↓

整備という名の加工を

20系ではもう見慣れたアーノルドカプラー仕様です。
これに車間短縮カプラーでもいいのですが、売り切れでやんす(T_T) GMのナックルは少し高さが下なんです。

ボディーマウントカプラー取付(BM)

カニ21

10-1352_20-4さて、カニ21からです。
台車からカプラーポケットをカットします。後はカニ24用のボディーマウントカプラーを加工します。
10-1352_20-6ボディーマウントカプラーをGクリヤーで床下に接着です。
ホースを1本切り落としておかないとうまくつけれません。切り落としたホースはボディーに取付けて再利用してみました(^^♪

ナハネフ20

10-1352_20-2ナハネフ側もカニ24用のボディーマウントカプラーを使います。
右についているホースを1本切り落としておきます。
10-1352_20-8こちらもGクリヤーで接着です。
切り落としたホースはGクリヤーでボディーに接着します。
10-1352_20-9コックの部分に白で色差して見栄えが良くなりました。
そのうち、ホースはどっかにいっちゃうんだろうな~(>_<)

R282カーブレールで確認

10-1352_20-16KATOのR282カーブレールで確認しました。
いつもの加工なので当たることもないです。
10-1352_20-18EF58との連結でもカーブは問題なさそうです。

いつもの撮影場所で

10-1352_20-12テールが引き締まりました!
穴あきナックルを使ったので、アンカプラーで遊びたくなったら、金具を取り付けられます

その4へ 続く

整備加工(弄るその4)はこちら↓↓↓

 



 

Return Top