横濱模型の秘密基地

鉄関連を知らない人間が鉄道模型を集め始めてみた

GREENMAX(グリーンマックス)

発売予定品情報 2017年04月、05月、06月のポスターがGREENMAX(グリーンマックス)公式サイトに掲載されました。
http://www.greenmax.co.jp/

発売予定品情報

画像をクリックすると少し大きな画像が表示されます

2017年04月以降

完成品
品番 品名 価格
[新] 50563 西武9000系(9101編成・ピンク)基本4両編成セット(動力付き) 20,200円+税
[新] 50564 西武9000系(9101編成・ピンク)増結用中間車6両セット(動力無し) 21,400円+税
[再] 50042 西武9000系 幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN) 基本4両編成セット(動力付き) 22,000円+税
[再] 50043 西武9000系 幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN) 増結用中間車6両セット(動力無し) 23,800円+税

2017年05月

完成品
品番 品名 価格
[新]  30612  京王8000系(菱形パンタグラフ時代)基本6両編成セット(動力付き) 27,500円+税
[新]  30613  京王8000系(菱形パンタグラフ時代)増結4両編成セット(動力無し) 17,700円+税
[新]  30614  京王8000系(中間先頭車サハ化後)基本6両編成セット(動力付き) 28,500円+税
[新]  30615  京王8000系(中間先頭車サハ化後)増結用中間車4両セット(動力無し) 16,400円+税
[新]  30618  東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)6両編成セット(動力付き) 25,500円+税
[新]  30619  東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)4両編成セット(動力付き) 18,500円+税
[新]  30620  東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)4両編成セット(動力無し) 15,800円+税
[新]  30621  東武10030型(10050番代・東武アーバンパークライン)6両編成セット(動力付き) 25,500円+税
[新]  30622  近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し)基本4両編成セット(動力付き) 19,700円+税
[新]  30623  近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し)増結4両編成セット(動力無し) 16,700円+税
[新]  50566  近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し・12415編成)4両編成セット(動力付き) 19,700円+税
[再]  30203  東京メトロ15000系 基本4両編成セット(動力付き)仕様変更 20,800円+税
[再]  30204  東京メトロ15000系 増結用中間車6両セット(動力無し)仕様変更 22,500円+税

2017年06月

完成品
品番 品名 価格
[新] 50561 京王8000系(大規模改修車・高尾山トレイン)基本6両編成セット(動力付き) 28,900円+税
[新] 50562 京王8000系(大規模改修車・高尾山トレイン)増結用中間車4両セット(動力無し) 15,500円+税

製品詳細

50563 50564
50563 西武9000系(9101編成・ピンク)基本4両編成セット(動力付き)
50564 西武9000系(9101編成・ピンク)増結用中間車6両セット(動力無し)
価格:基本20,200円+税 増結21,400円+税
西武9000系は1993年(平成5年)から1999年(平成11年)の間に、それまでの101系 の車体更新車として10両編成8本の計80両が製造されました。わずかな仕様の差 異があるほかは新2000系とほぼ同様の車体となっています。走行機器などは101 系の電装品からの再利用で構成され、2004年(平成16年)から2007年(平成19年) までに、全ての編成が抵抗制御方式からVVVFインバータ制御方式に更新されまし た。ピンク色の塗装は2016年6月より”SEIBU KPP TRAIN”として運行を開始し、9月 末で運行を終了しました。以降はラッピングが無い状態で運行しており話題を呼ん でいます。
●製品は、2016年6月より運行を開始した”SEIBU KPP TRAIN”の運行終了後、ラッピングが無い状態を製品化しています
●コアレスモーター搭載動力を採用!
●ヘッドライトは電球色LEDにより点灯。
商品セット構成(編成図)
←飯能 池袋→
No.50563  クハ9101 + モハ9501(M) + モハ9601 + クハ9001
No.50564 モハ9201 + モハ9301 + サハ9401 + サハ9701 + モハ9801 + モハ9901
商品の特徴
種別/行先は急行/池袋を印刷済み。 異彩を放つピンク色の西武9000系をコアレスモーター搭載動力ユニットで製品化。 前面ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします。
装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色) フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット
30612 30613
30612 京王8000系(菱形パンタグラフ時代)基本6両編成セット(動力付き)
30613 京王8000系(菱形パンタグラフ時代)増結4両編成セット(動力無し)
価格:基本27,500円+税 増結17,700円+税
京王8000系は、京王の車両の中では初のVVVFインバータ制御を採用した車両 で、1992年から1999年にかけて10両編成14本・8両編成13本が製造されました。 6000系の後継車として特急や準特急を中心に使用され、現在でも京王の主力車 両となっています。先頭車のデザインは、丸みを帯びた半流線型となり、5000系の イメージを踏襲しています。登場当初は、方向幕部は0番台が幕式・20番台がLED 式を採用していましたが、2008年に改造工事が行われ、全車両がフルカラーLEDと なりました。また、パンタグラフについても、当初は菱形パンタグラフでしたが、現在 では全ての編成がシングルアーム式に換装されています。
●グリーンマックス完成品として、初めて前面方向幕が点灯!
●製品は、2003年頃の時代をプロトタイプに再現(スカートはアイボリー、種別・行先が英字無しの方向幕)。
●ボディ、床下機器、スカート部分完全新規金型で製品化!
●コアレスモーター搭載動力を採用!
商品セット構成(編成図)
←新宿 橋本・京王八王子→
No.30612 クハ8701 + デハ8001(M) + デハ8051 + デハ8101 + デハ8151 + クハ8751
No.30613 クハ8801 + デハ8201 + デハ8251 + クハ8851
商品の特徴
種別/行先は特急/新宿を印刷済み。
編成番号は8701編成を印刷済み(No.30612)。
編成番号は8801編成を印刷済み(No.30613)。
前面方向幕(白色)・ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします(消灯スイッチ付き)。 増結用セットもライト点灯いたします。
装備品
前面方向幕(白色LED)、ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット(No.30612のみ)
30614 30615
30614 京王8000系(中間先頭車サハ化後)基本6両編成セット(動力付き)
30615 京王8000系(中間先頭車サハ化後)増結用中間車4両セット(動力無し)
価格:基本28,500円+税 増結16,400円+税
京王8000系は、京王の車両の中では初のVVVFインバータ制御を採用した車両 で、1992年から1999年にかけて10両編成14本・8両編成13本が製造されました。 6000系の後継車として特急や準特急を中心に使用され、現在でも京王の主力車 両となっています。先頭車のデザインは、丸みを帯びた半流線型となり、5000系の イメージを踏襲しています。登場当初は、方向幕部は0番台が幕式・20番台がLED 式を採用していましたが、2008年に改造工事が行われ、全車両がフルカラーLEDと なりました。また、パンタグラフについても、当初は菱形パンタグラフでしたが、現在 では全ての編成がシングルアーム式に換装されています。
●グリーンマックス完成品として、初めて前面方向幕が点灯!
●製品は、2008年頃の種別・行先方向幕がフルカラーLED化、中間の先頭車付随車化後を再現しています。
●完全新規金型で製品化!
●コアレスモーター搭載動力を採用!
商品セット構成(編成図)
←新宿 橋本・京王八王子→ > > >
No.30614 クハ8710 + デハ8010 + デハ8060 + デハ8110 + デハ8160 + クハ8860
No.30615 サハ8760 + サハ8810 + デハ8210 + デハ8260
※サハ8760とサハ8810はスカート無し・アーノルドカプラーで連結。TOMIX製TNカプラーは非対応です。
商品の特徴
種別/行先は特急/新宿を印刷済み。
編成番号は8710編成を印刷済み。
前面方向幕(白色)・ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします。
装備品
前面方向幕(白色LED)、ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット
30618 30619
30618 東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)6両編成セット(動力付き)
30619 東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)4両編成セット(動力付き)
30620 東武10030型(10050番代・東武スカイツリーライン)4両編成セット(動力無し)
価格:基本25,500円+税 増結18,500円+税 4両編成セット15,800円+税
東武10050番代は、東武10030型をベースに1992年(平成4年)以降製造されたグ ループで、屋上通風器の廃止と連続した冷房装置カバーが外観の特徴です。2、 4、6両固定編成があり、他系列の車両とも併結して運用されています。東上線とス カイツリーライン系統共に配属され、主力車両として活躍しています。
●製品は、社紋が新型ロゴになった後の2016年の姿を模型化
●コアレスモーター搭載動力を採用!
●ヘッドライトは電球色LEDにより点灯。
商品セット構成(編成図)
←浅草 伊勢崎・東武日光→
No.30618 クハ11651 + モハ12651 + モハ13651 + サハ14651 + モハ15651 + クハ16651
No.30619 クハ11457 + モハ12457 + モハ13457 + クハ14457
No.30620 クハ11458 + モハ12458 + モハ13458 + クハ14458
商品の特徴
前面ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします(消灯スイッチ付き)。 種別/行先は印刷済みです。いずれのセットも区間急行/浅草を印刷済み。 単独運転や、他の10000系列と併結し、様々な組み合わせが再現可能です。
装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色)
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット(No.30618、No.30619)
30621
東武10030型(10050番代・東武アーバンパークライン)6両編成セット(動力付き)
価格:25,500円+税
東武10050型は、東武10030型をベースに1992年(平成4年)以降製造されたグルー プで、屋上通風器の廃止と連続した冷房装置カバーが外観の特徴です。2、4、6両 固定編成があり、他系列の車両とも併結して運用されています。東武野田線転属 後は併結運用が無いため、貫通幌の取り付け金具や前面の渡り板が撤去され、 帯色が青色(フューチャーブルー)と黄緑(ブライトグリーン)に変更され、イメージが 変わりました。「TOBU URBAN PARK LINE」のロゴが前面と先頭車側面に貼り付け され、現在ではホーム検知装置が設置されています。
●製品は貫通幌取り付け金具、渡り板が撤去された前面を新規製作
●コアレスモーター搭載動力を採用!
●ヘッドライトは電球色LEDにより点灯。
商品セット構成(編成図)
←柏 大宮・船橋→
No.30621 クハ11653 + モハ12653 + モハ13653 + サハ14653 + モハ15653 + クハ16653
商品の特
徴急行運転開始前の種別幕を表示していない時代を製品化。 種別/行先は柏を印刷済み。 2014年に制定された「TOBU URBAN PARK LINE」の路線愛称ロゴを貼り付けた姿をプロトタイプに製品化。
前面ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします。
装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色) フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット
30614 30615
近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し)基本4両編成セット(動力付き)
近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し)増結4両編成セット(動力無し)
近鉄12410系(現行塗装・喫煙ルーム無し・12415編成)4両編成セット(動力付き)
価格:基本19,700円+税 増結16,700円+税 4両編成セット19,700円
近鉄12410系は、1980年に名阪甲特急(ノンストップ)用として、12400系を3両編成 仕様に変更し製造されました。基本設計は12400系を踏襲、ライト類が30000系と 同じものになり、パンタグラフも下枠交差型になりました。最終編成はT車を組み入 れた4連となり、後に全編成が4両編成化され4連×5本の体制となりました。1988 年より120㎞/h運転対応工事が行われたほか、1997年頃から断続的に車内外のリ ニューアルが行われています。12415編成を除く編成は方向幕がLED化されてお り、12415編成は前面方向幕が赤地幕、側面方向幕が白地幕となっています。
●製品は、原型スタイルの乗務員扉と喫煙ルーム設置前の姿を製品化しています。
●方向幕がLED化された姿を再現しています(No.30622、No.30623)
●方向幕が幕式のままの12415編成を再現しています(No.50566)。
●先頭車の車体長の長さの違いを再現しています。
●臭気抜きは角型の原型タイプを新規製作します。
商品セット構成(編成図)
←大阪難波・京都 近鉄名古屋→
No.30622 モ12414 + サ12564 + モ12464 + ク12514
No.30623 モ12413 + サ12563 + モ12463 + ク12513
No.50566 モ12415 + サ12565 + モ12465 + ク12515
商品の特徴
前面行先は大阪難波を印刷済み(No.30622、No.30623)
前面行先は名古屋を印刷済み(No.50566)
前面方向幕(白色)・ヘッドライト(白色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします。 パンタグラフ台座の有無を作り分けます(No.30622・No.30623は有り、No.50566は無し)。
装備品
前面方向幕点灯(白色)、ヘッドライト点灯(白色)、テールライト点灯(赤色)
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット
30614 30615
京王8000系(大規模改修車・高尾山トレイン)基本6両編成セット(動力付き)
京王8000系(大規模改修車・高尾山トレイン)増結用中間車4両セット(動力無し)
価格:基本28,900円+税 増結15,500円+税
京王8000系は、京王の車両の中では初のVVVFインバータ制御を採用した車両 で、1992年から1999年にかけて10両編成14本・8両編成13本が製造されました。 6000系の後継車として特急や準特急を中心に使用され、現在でも京王の主力車 両となっています。先頭車のデザインは、丸みを帯びた半流線型となり、5000系の イメージを踏襲しています。登場当初は、方向幕部は0番台が幕式・20番台がLED 式を採用していましたたが、2008年に改造工事が行われ、全車両がフルカラー LEDとなりました。またパンタグラフについても、当初は菱形パンタグラフでしたが、 現在では全ての編成がシングルアーム式に換装されています。
●グリーンマックス完成品として、初めて前面方向幕が点灯!
●製品は、2015年9月末より京王2000系電車の車体色をベースとし、高尾山の春夏秋冬と若草の5パターンの イラストで自然をイメージしたラッピングを施しています。
●完全新規金型で製品化!
●コアレスモーター搭載動力を採用!
商品セット構成(編成図)
←新宿 橋本・京王八王子→
No.50561 クハ8713 + デハ8013 + デハ8063 + デハ8113 + デハ8163 + クハ8763
No.50562 サハ8513 サハ8563 デハ8213 デハ8263
商品の特徴
種別/行先は特急/新宿を印刷済み。 編成番号は8713編成を印刷済み。 前面方向幕(白色)・ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)は、走行時、共に点灯いたします。
装備品
前面方向幕(白色LED)、ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

更新履歴&記事元

2016年12月21日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス 公式サイト

Return Top