横濱模型の秘密基地

EH500+カシオペアって

GREENMAX(グリーンマックス)

http://www.greenmax.co.jp/

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターが公式サイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

  • ポスター1
  • ポスター2

2017年12月以降

完成品
  品番 品名 価格
[新] 30688 京王8000系(大規模改修車・8703編成) 基本6両編成セット(動力付き) 28800円+税
[新] 30689 京王8000系(大規模改修車・8703編成) 増結用中間車4両セット(動力無し) 14800円+税
[新] 30690 京王8000系(8725編成)8両編成セット(動力付き) 34400円+税
[新] 30682 JR211系5000番台 3両編成セット(動力付き) 16700円+税
[新] 30683 JR211系5000番台 3両編成セット(動力無し) 13800円+税
[新] 30684 JR211系5000番台 4両編成セット(動力付き) 19700円+税
[新] 30685 JR211系5000番台 4両編成セット(動力無し) 16800円+税
[新] 30686 JR211系5000番台(LL編成) 基本3両編成セット(動力付き) 16700円+税
[新] 30687 JR211系5000番台(LL編成) 増結3両編成セット(動力無し) 13800円+税
[新] 30666 JR九州817系1100番台 基本2両編成セット(動力付き) 14500円+税
[新] 30667 JR九州817系1100番台 増結2両編成セット(動力無し) 12200円+税
[新] 30237 JR817系2000番台 基本2両編成セット(動力付き) 14500円+税
[新] 30238 JR817系2000番台 増結2両編成セット(動力無し) 12200円+税
[新] 30691 名鉄EL120形電気機関車 1両(M)単品(動力付き) 10200円+税
[新] 30692 名鉄EL120形電気機関車 2両(T+T)セット(動力無し) 13800円+税

ポスター内容詳細(抜粋)

JR211系5000番台(LL編成)
クリックでオープン&クローズ

変更後

 

昭和63年(1988年)に登場した基本番台のマイナーチェンジ車両で、中京地区や静岡地区に投入されました。基本番台との主な違いは、前面を213系と同様に、貫通扉や助手席窓の天地寸法拡大、側面への車外スピーカー設置、インバータークーラーAU711型搭載などの点があげられます。座席は、ラッシュ時でも対応できるように全ての編成がロングシートとなっています。2005年頃より、パンタグラフのシングルアームパンタグラフへの交換、転落防止幌の取付等が行われた他、ATS-PT取付によりスカートに保護板が取付られています。また、2006年10月には、大垣車両区の211系5000番台が全車両、静岡車両区へと転属となり、LL編成として活躍しています。

30686 JR211系5000番台(LL編成) 基本3両編成セット(動力付き) 16,700円+税
30687 JR211系5000番台(LL編成) 増結3両編成セット(動力無し) 13,800円+税

●2006年10月に大垣車両区から静岡車両区へ転属したLL編成をコアレスモーター搭載でリニューアル再生産。
●床下機器を完全新規金型で製品化。
●動力車を従来の先頭車から中間車へと変更。
●前面の車両番号がない姿を再現。     ←2017年7月29日変更。

商品セット構成(編成図)
←豊橋     熱海→
No.30686
クハ210-5033+モハ210-5033(M)+クモハ211-5033P

No.30676
クハ210-5041+モハ210-5041+クモハ211-5041P

商品の特徴
●床下機器を完全新規製作。
●カプラーアダプター付きスカートが付属。
●付属のアダプター付きスカートを取り付けることでKATO製車両と連結可能。
●前面種別・行先、優先席、車椅子マークは付属ステッカーにて選択可能。
●先頭部貫通幌は別パーツにて付属。
●床下機器、台車はダークグレー(GM No.9相当)。
●先頭車へライトON/OFFスイッチを取付け。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)。
ライトON/OFFスイッチ付き。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット。

京王8000系(大規模改修車・8703編成)
クリックでオープン&クローズ

変更後

 

京王8000系は、京王の車両の中では初のVVVFインバータ制御を採用した車両で、1992年から1999年にかけて10両編成14本・8両編成13本が製造されました。
6000系の後継車として特急や準特急を中心に使用され、現在でも京王の主力車両となっています。先頭車のデザインは、丸みを帯びた半流線型となり、5000系のイメージを踏襲しています。登場当初は、方向幕部は0番台が幕式・20番台はLED式が採用されていましたが、2008年に改造工事が行われ、全車両がフルカラーLEDとなりました。また、当初は菱形パンタグラフでしたが、現在では全ての編成がシングルアーム式に換装されています。2014年からは、10両編成の中間運転室を撤去し、クハからサハへと車番変更、ドアの交換、貫通扉交換、車内内装の変更等を行う、大規模改修が行なわれています。製品は、大規模改修が行われ、種別・行先方向幕がフルカラーLED化、中間の先頭車から運転室を撤去し、車両番号が変更された姿を再現しています。

30688 京王8000系(大規模改修車・8703編成) 基本6両編成セット(動力付き) 28,800円+税
30689 京王8000系(大規模改修車・8703編成) 増結用中間車4両セット(動力無し) 14,800円+税

●大規模改修が行なわれ、中間運転室が撤去された後の姿を模型化。
●行先方向幕はフルカラーLED表示を再現。
●コアレスモーター搭載動力を採用。

商品セット構成(編成図)
←新宿         橋本・京王八王子→
No.30688
クハ8703+デハ8003P+デハ8053+デハ8103(M)P+デハ8153P+クハ8753

No.30689
サハ8503+サハ8553+デハ8203P+デハ8253P

商品の特徴
●車両番号は(8703編成)を印刷済み。
●前面の種別・行先表示は、「特急 新宿」を印刷済み。
●前面方向幕は点灯(白色LED)。
●サハ8503の運転台撤去部の貫通扉は実物通り扉のない姿を表現。 ←2017年7月29日変更
●車椅子マーク、ベビーカーマーク、優先席(車体、窓)は別売ステッカー対応予定。
●列車無線アンテナ・ヒューズボックスは別パーツでユーザー取付。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)、前面方向幕点灯(白色LED)。
ライトON/OFFスイッチ無し。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット。

京王8000系(8725編成)8両編成セット
クリックでオープン&クローズ

変更後

 

京王8000系は、京王の車両の中では初のVVVFインバータ制御が採用された車両で、1992年から1999年にかけて10両編成14本・8両編成13本が製造されました。
6000系の後継車として特急や準特急を中心に使用され、現在でも京王の主力車両となっています。先頭車のデザインは、丸みを帯びた半流線型となり、5000系のイメージを踏襲しており、登場当初は、方向幕部は0番台が幕式・20番台がLED式を採用していましたが、2008年に改造工事が行われ、全車両がフルカラーLEDとなりました。また、当初は菱形パンタグラフでしたが、現在では全ての編成がシングルアーム式に換装されています。1995年より製造された8両編成は、8725編成までが前面種別表示が幕式、側面行先表示はLED式、それ以降の編成は前面、側面共にLED式での製造となっています。その後全編成がLED化された後、フルカラーLED化されています。製品は、大規模改修前の、種別・行先方向幕がフルカラーLED化した姿を再現しています。

30690 京王8000系(8725編成)8両編成セット(動力付き) 34,400円+税

●大規模改修前の姿を模型化。
●行先方向幕はフルカラーLED表示を再現。
●コアレスモーター搭載動力を採用。
●切欠がない8両編成用のスカートパーツ、中間サハボディ、ヤネを新規製作。 ←2017年7月29日変更

商品セット構成(編成図)
←新宿      橋本・京王八王子→
No.30690
クハ8725+デハ8025P+デハ8075P+サハ8525+サハ8575+デハ8125(M)P+デハ8175+クハ8775

商品の特徴
●車両番号は(8725編成)を印刷済み。
●前面の種別・行先表示は、「各停 新宿」を印刷済み。
●前面方向幕は点灯(白色LED)。
●車椅子マーク、ベビーカーマーク、優先席(車体、窓)は別売ステッカー対応予定。
●列車無線アンテナ・ヒューズボックスは別パーツでユーザー取付。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)、前面方向幕点灯(白色LED)。
ライトON/OFFスイッチ無し。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット。

Nゲージ生産予定表を更新しました。

更新履歴&記事元

2017年07月29日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス 公式サイト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
Return Top