横濱模型の秘密基地

TNOSは導入すべき?

500 TYPE EVA 整備 KATO 10-942

本日はKATO 500系新幹線「500 TYPE EVA」タイプを気になったところだけ弄ってみました。
気になったのは、やはりライト周りです。

ヘッドライトが暗いことと、薄っすらと室内に赤色が透けて見えるところです。

よく見るとライトレンズにも赤色が回り込んでいますΣ(゚Д゚)

運転席周りを遮光

運転席の後ろの壁辺りと、運転席下あたりのレンズ部分の2か所をアルミテープを貼ってみます。

ヘッドライトはどうする

ヘッドライトの構造上、高輝度LEDにしてもたいして明るくならないと思い、LEDキャップを取り付けて見ました。
いい感じで拡散出来ているので期待大です。後はダメもとでアルミテープを下に貼って見ます。

ボディーを戻して

先端パーツが無い方がLEDキャップを取付けた方です。ハイパーDXで両方に繋げて同出力です。
LEDキャップは意外の他、明るくなった気がします。
少し上から見てみます。
もっと加工してチップLEDとか追加してみたいのですが、勿体無くて・・・(;^_^A

ついでに1号車には室内灯を取り付けて見ました。
窓ガラスから光が透けて見えることはなく、普通にLED室内灯クリアを取付けても問題なさそうです。

備忘録

新幹線なんて今まで入線したことも整備したこともなかったので、床下とボディーを取り外すのが大変でした。
赤丸3か所(片側)で留まっているようです。それと車体裏側にネジ1本あります。
連結器側は恐る恐るゴネゴネしたら取れるのですが、前側が難関でした(lll゚Д゚)ヒィィィィ
慣れればなんてことないのでしょうが、替えがないボディーですからもう慎重に作業しました。

いつもの撮影場所で

500 TYPE EVA TOMIXから来月発売ですね。

さーて、次はどこを弄ろうかな~(^^♪

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.