横濱模型の秘密基地

TNOSは導入すべき?

24系25形「はやぶさ」整備 その2

前回24系25形「はやぶさ」Assyパーツを使って室内灯取付けのあれやこれやを行いました

まだまだ室内灯取り付け方法が定まりませんが、いよいよ「はやぶさ」編成に取付けていこうと思います。

横濱です。
本日は「カニ24-7」の室内灯取付です。

整備

室内灯取付に使った部材は
テープLED
ブリッジダイオード
燐青銅板 0.1mm厚

あの夕庵式で使われている丸いコンデンサーは使用していません。
取付けて機関車を連結すると何故か常点灯しないのです。どこかに問題があるのでしょうけど(;^_^A

カニ24-7 室内灯取付

まずはボディーを取外します。

多少の色差しは欲しい所です。

集電金具を試しに画像のように折り曲げ加工しました。

これは燐青銅板から切り出した物を加工しています。

意外と面倒だったのでこの曲げ方はやめました。

集電金具を取り付けます。このうえにブリッジダイオードをおきます。

後屋根側から押さえつける工法でやっつけてみます。

ブリッジダイオードは半田付けですずを流して補強していますので、折れにくく曲がりにくくなっています。
もし折れてしまっても差し替えるだけです。

屋根裏側にはテープLEDを貼り付けます。

テープLEDに半田付けした銅板をこちらも曲げ加工しておきます。

 

点灯確認

ボディーを載せた状態です。
ちゃんと組み付けていませんがこの状態で点灯すれば、テープLED側の集電板を調整することなく終了できそうです。

いつもの撮影場所で

ガラスパーツを取付けて、ボディーを組立てたら終了です。

次回はオハネフの室内灯取付を行います。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.