横濱模型の秘密基地

TNOSは導入すべき?

165系 急行アルプス を弄る。その2 KATO 10-1389

どうも~(^^)/
本日も相変わらず165系 急行 アルプス を弄ってました\(^o^)/
時間が少ししか取れませんでしたのでちょっこりだけです。(;^_^A
ここまで良く出来ていると悪い癖が・・・
床下パーツを追加してたくなります(^^♪

床下配管パーツ

銀河モデルの床下配管パーツ3点(N-181、N-183、N-185)を使います。
切出して、曲げ加工しました。いい具合にするのに手間取りました(;^_^A 細かい調整法などはRM-Models 119 ( 2005年-7月)号に載ってました。

ステップが付いたことはすごくいい事なんですが、配管パーツを付けようとすると厚みが邪魔なんですね。
画像手前のステップだけ付け根を薄く削りました。反対側は迷ったのですが仮止めして様子を見ます。

ちょっとしたことですが、クハ165の床下に配管を付けただけですがなかなかいい感じです。自己満足(;´Д`)ハアハア

奥はクモハ165で手前がクハ165です。
クモハ165の床下配管のシルエットが素晴らしい。床下配管なんて目立たないから省略!なんて思ってました。

いつもの撮影場所で

解結されていたサハシ165とクモハ165が連結です。

連結でき、後はジャンパケーブルを接続するだけです。

そんなシーンのドラマが待っていそうです。

ヘッドライトはアルミテープで加工してますので、目が光ってます(☆。☆) キラーン!!

本日はこの辺で

くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。





コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.